【7月限定】大口注文でステッカープレゼント
  • 営業時間:9:00 ~ 17:00
  • 電  話:0725-23-9000
【7月限定】大口注文でステッカープレゼント

コラム

Tシャツサイズによる印象の違いを知ろう

2021年01月12日

サイズによる印象の違い

Tシャツは、自分の体にあうサイズを選ぶことが大切です。
私たちが普段何気なく着ているTシャツのサイズには、着ている人の印象やスタイルの見え方を変える効果があります。
オーバーサイズを選んで、ゆったりと着るファッションがトレンドで定番ですが、あまりにサイズが合っていないと、野暮ったい印象になってしまいます。
またスタイルまで悪く見えてしまうことも少なくありません。
流行によって選ばれるTシャツのサイズは変わりつつある昨今、自分に合ったTシャツや印象を良くするTシャツはどのような基準で選ぶべきなのでしょうか。


 

まずは、Tシャツのサイズによる印象の違いを紹介します。
自分にぴったりのTシャツを選ぶための参考として、
サイズごとの印象の違いを知り、最も印象がよく見られるTシャツを選べるようになりましょう。

Tシャツのサイズごとに見られる印象

Tシャツサイズによる印象の違いを知ろう

前提として、どのサイズのTシャツを着るかは“個人の自由”です。
ただ周りからの印象という面では、個人の自由だけを重視するわけにはいかないでしょう。

一般的に、Tシャツのサイズは「オーバー」「ジャスト」「タイト」の3パターンに分かれており、それぞれのサイズでもたれる印象が異なります。

まずは、シャツのサイズによって変わる印象について理解しましょう。

1.オーバーサイズは抜け感が出やすく気になる部分を隠せる

オーバーサイズは、自分の体よりも大きいサイズのTシャツのことを指します。今の流行りでもあるのがオーバーサイズです。
このTシャツの特徴は「抜け感」が出せて少し余裕のあるスタイルになれる点と、自身の体の中で気になる部分を隠せるという点です。

例えば、お腹周りが出ていることが気になっている人はオーバーサイズを着ることでお腹周りを隠せますし、お尻が気になる人はあえて丈の長いTシャツを着ていることがあります。
ただ丈が長すぎると、逆に足の短さが強調されスタイルが悪く見えるので気を付けましょう。
近年のトレンドはオーバーといっても肩幅部分がオーバーなTシャツです。
オーバーでも着丈がジャストサイズのものを選ぶことで、清潔感のあるコーディネートを作ることができます。
ビッグシルエット特集ページ
参考:ビッグシルエットTシャツ特集ページ

2.ビジネスシーンでも適しているジャストサイズ

ジャストフィットはタイトとオーバーの間で、自分の体にぴったりのフィット感のことです。
体のラインが出すぎることもなく、かといってルーズな印象も与えません。
自身の身体のシルエットも強調されず、かつ丈や袖の長さがちょうど良い状態のサイズがジャストサイズです。
Tシャツを選ぶときは、ジャストサイズを目安に考えるのが一般的であり、選ばれるサイズは人によって異なります。
もっともスタンダードであるため、ビジネスシーンで着ていてもラフすぎる印象を持たれる可能性も低いでしょう。

3.シルエットを強調したい人はタイトサイズ

タイトサイズは、自分の体より少し小さめでかつ体のシルエットが強調される程度のサイズを指します。
多くの場合、トレーニングで引き締まった体をしている人が好むサイズで、夏場の海やBBQなどで重宝されています。

自分の体にあったサイズのタイトなTシャツを選べばスタイルがよく見えます。
ただ、あまりにタイトすぎるといやらしく見えてしまうため注意が必要です。
また少しでもサイズを間違えるとパツパツな印象になってしまいますし、太って見えてしまうこともあるので注意が必要です。

 

自身の背丈とTシャツのサイズによっても印象は変わる

自身の背丈も、Tシャツのサイズによる印象に拍車をかけます。

例えば、背が高い人がジャストサイズを選ぶと、スタイルがより良く見えるようになります。
逆にタイトサイズを選ぶと、露出する部分が増えるのでおしゃれには程遠い印象になる可能性もありますし、オーバーサイズを選ぶとシルエットがわかりづらくなり、ジャストサイズよりもスタイルが悪く見られるようになってしまうでしょう。

一方、背が低い人はタイトサイズを選ぶとスタイルがしっかり出て、印象が良くなる可能性があります。
逆にオーバーサイズを選ぶと「胴長短足」になり余計に小さく見られてしまうかもしれません。
同じように体型がスリムな人でも、身長の差によって自分に合うTシャツのサイズ感が変わってきます。

またS・M・Lといったサイズ表記だけでなく、鏡の前でのシルエットや着丈を必ず確認しましょう。
試着できるときは実際に着てフィット感を確認するのがベストですが、オンラインショッピングならセンチ表記をチェックして自分に合うかどうかを必ず確認するようにしましょう。

 

選ぶTシャツの色によっても印象は異なる

背丈の他に選んだTシャツの色も印象に影響を与えます。
色は主に、膨張色と収縮色の2つに分かれており、色の代表は以下の通りです。

膨張色

膨張色は、視覚的に物体を大きく、広く見せる色のことです。一般的に白、ピンク、黄色、黄緑色といった明度の高い色のことが膨張色に該当します。これらの色は光を多く反射し、視覚的に広がって見えるため、着用者をより大きく見せる効果があります。

収縮色

収縮色は、視覚的に物体を小さく、細く見せる色のことです。一般的に黒、灰、紺といった明度が低い色が収縮色に該当します。

一般的に、膨張色の服を着ると上半身が比較的広がって見えるようになります。
そのため痩せ型の人は膨張色を着ることで、まとまりのある膨らみを演出させられるのです。

一方、収縮色には着痩せ効果があると考えられており、太の体格は細く見られたい人にはおすすめです。
ただ、収縮色は身丈も短く見せる効果があるともいわれているため、パンツの色や他の衣類とのバランスを取る必要があります。
具体的なコーディネートの例としては、上半身をふくよかに見せたい場合は、白いトップスと黒いボトムスを組み合わせることで、視覚的にバランスの取れたシルエットを作ることができます。隣接する色との明度の差が大きいほど、膨張色や収縮色の効果は強まります。このように、膨張色と収縮色をうまく使い分けることで、自分の体型に合った魅力的なスタイルを演出することができます。

 

Tシャツを選ぶときはサイズ表の見方と目安が大事

上述したように、Tシャツのサイズで印象は異なり、どのサイズを選ぶかは個人の自由です。
ただ、どのサイズを選ぶにしても、自身のジャストなサイズ感を把握するのが不可欠です。

ここからはTシャツのジャストサイズを知る方法について解説します。

一般的にTシャツを含めた洋服はS・M・Lなどでサイズ展開されています。
ただ、たとえばMサイズのTシャツといっても、メーカーやブランド、デザインによってフィット感が異なります。
基本的に、Tシャツのサイズは「身幅」「肩幅」「着丈」「襟(ネック)」の4つを総合して判断します。
それぞれの目安を理解しておきましょう。

それぞれの目安を理解しておきましょう。

1.身幅は両脇のゆとりを目安に

身幅とは「左脇から右脇までの幅」のことです。
身幅の目安は「服に手を入れてもゆとりがあるかどうか」が目安となります。

身幅が体のラインと同じくらいのものがタイトサイズ、ゆとりがありすぎて手が大きく動かせてしまう場合は、オーバーサイズと考えて良いでしょう。
あまり身幅が広すぎると着膨れして見えてしまいますので気を付けましょう。

2.肩幅は衣類の縫い目を意識しよう

肩幅は、文字通り「肩の縫い目から反対側の肩の縫い目までの距離」のことです。
肩の先端が縫い目と同じ位置にあればジャストサイズといえるでしょう。

逆に肩先よりも縫い目が外側になっている場合はオーバーサイズ、縫い目が肩先よりも内側でかつ動きがぎこちなく感じる場合は、タイトサイズと考えられます。
肩幅が実際の肩よりも小さいと野暮ったく見えてしまったり、太っているように見えてしまったりするので注意しましょう。

3.着丈はベルトが基準

着丈とは「首元の真ん中のリブからから裾までの距離」のことです。
ジャストサイズの目安は、ベルトが隠れるかどうかで、基本的にはベルトと同じ位置もしくは少し長めと考えられています。
ベルトよりも長くなればオーバーサイズ、逆にベルトに届かない場合はタイトサイズと考えられるでしょう。
どれくらいの長さが好きかは個人差がありますが、長すぎると胴が長く見えてスタイルが悪くなってしまうので注意しましょう。

4.襟(ネック)は鎖骨を目安に

首回りのライン=襟もサイズ選びにとって重要です。
目安は鎖骨が見えるかどうかであり、丸首襟の場合は鎖骨が見えすぎるとオーバーサイズ、かつだらしなさが強調されてしまうでしょう。
女性もののTシャツには襟ぐりが広く、デコルテを見せるデザインやオフショルダーとして着るようなデザインもあります。

Vネックの場合は、首元をすっきりと見せてくれますが中央の鎖骨が見える程度の大きさがジャストです。

 

Tシャツのサイズで印象は変わる!自分をどう見られたいかを考えよう

Tシャツのサイズ選びは、見た目の印象を大きく左右します。
フィット感のあるTシャツは、洗練されたスタイルや身体のラインを強調し、自信を感じさせる一方で、ゆったりとしたサイズはリラックスした雰囲気や親しみやすさを演出します。
自分をどう見せたいか、どんな印象を与えたいかを考えることで、最適なサイズを選ぶことができます。また、場面に応じてサイズを変えることで、さまざまな自分を表現することも可能です。
自分自身の魅力を最大限に引き出すために、Tシャツのサイズ選びにもこだわりを持ちましょう。適切なサイズのTシャツで、自分らしいスタイルを楽しんでください。

今回解説した内容を参考に、自分にあうTシャツ選びに活かしてください。
Tシャツ1枚でも印象は大きく変わってくるはずです。

新着記事

2024 価格改訂のお知らせ

2024年02月07日

日頃はオリジナルTシャツ作成トミーズをご利用いただきありがとうございます。 誠に恐縮ではございますが、当店では Tシャツの作成に関する資材原価の高騰および Tシ

... 続きを読む

ノベルティ・販促品にオススメ「aerosilver」オリジナルマスク【取り扱いを終了しました】

2021年12月28日

※こちらの商品は取り扱いを終了しました。 新型コロナウイルスの流行が始まった頃から、マスクを着用することが当たり前になり今ではマスクは生活必需品と思われます。

... 続きを読む

幼稚園・保育園の卒園記念用オリジナルバッグを選ぶならコレ

2021年12月24日

保育園の卒園記念品でどんな物を贈ろうかな?と悩まれる方も多いと思います。 近頃よく選ばれるアイテムは実用的なものが多く、子どもだけではなく保護者の方にも喜ばれて

... 続きを読む