【4月末まで延長】ヘビーウェイトTがお買い得!
  • 営業時間:9:00 ~ 17:00
  • 電  話:0725-23-9000
【4月末まで延長】ヘビーウェイトTがお買い得!

コラム

部活でオリジナルパーカーを作りたい! 基本のパーカーはどのように選べば良いの?

2020年02月05日

部活メンバーでお揃いのオリジナルグッズを作るなら、やはり定番はTシャツ! ですが、パーカーもおすすめアイテムの一つです。
パーカーは、生地と厚さ次第ではほぼ一年中着用すること可能。また、合わせる服装を選ばないので、部活動中はもちろん、制服の上からや私服でも着ることができ、運動部でも、文化部でも、着用シーンがたくさんあります。

先ほど、「パーカーは、生地と厚さ次第ではほぼ一年中着用できる」とお伝えしましたが、オリジナルパーカーを作るなら、この基本のパーカー選びがとっても重要です。Tシャツとは異なり、形も2タイプあるため、まず、基本のパーカーを選んでからでなければ、デザインも決められません。

この記事では、部活などでお揃いのオリジナルパーカーを作りたいという方へ向けて、基本のパーカーの選び方を詳しくご紹介していきます。

①ジップアップパーカーにするか、プルオーバーパーカーにするか

パーカーには、「ジップアップパーカー」と「プルオーバーパーカー」の大きく2つのタイプがあります。
着脱のしやすさや、プリントを入れることのできる範囲に違いがありますので、まず、どちらの形のパーカーにするかを選びましょう。

ジップアップパーカー

前身頃の真ん中にファスナーが付いている、羽織タイプのパーカーです。パーカーと聞いて、多くの方が真っ先に思い浮かべるのは、こちらのジップアップパーカーの方ではないでしょうか?
髪型やメイクを気にせずに簡単に着脱ができ、また、ファスナーの開け閉めで簡単に温度調節ができるのがこのタイプのメリット。
ファスナーがあるため、前身頃のプリントは、左右の胸のあたりのみとなります。

プルオーバーパーカー

プルオーバーパーカーは、ファスナーの付いていない、頭から被って着用するタイプのパーカーです。
ジップアップパーカーと比べると、着脱にやや手間がかかるというのはありますが、上着としても、トップスとしても着用することができるというメリットも。
前身頃にドーンと大きなプリントをしたい場合は、こちらのタイプを選びましょう。

②パーカーの用途に応じて生地を選ぼう

パーカーのタイプが決まったら、次に生地を選びましょう。パーカーの生地は様々で、作成をお願いするメーカーによって選べるものが異なりますので、この記事では、『トミーズ』で取り扱っている、部活パーカーにおすすめの4つの生地をご紹介していくことにします。

綿100%・綿とポリエステルの混紡

最もベーシックなパーカーの生地は、綿100%、または、綿とポリエステルの混紡です。
綿は、天然の繊維の一つで、手触りが柔らかく、通気性や吸水性に優れています。しかし、綿100%は、洗濯をすると縮んだり、型崩れたりしやすく、また、乾くのが遅いというデメリットも。

綿のメリットをそのまま生かしつつ、デメリットも解消したのが、綿とポリエステルの混紡です。触り心地や通気性の良さはそのままに、耐久性や乾きやすさが向上していて、綿100%よりも洗濯などでの取り扱いがしやすくなっています。

文化部や、運動部でも休憩中などのあまり汗をかかないシーンで着用する場合には、綿100%で問題ありませんが、ウォーミングアップやトレーニングなど、汗をかくシーンで着用する場合には、綿とポリエステルの混紡を選ぶ方がベターです。

スウェット

スウェットは、表地と裏地の二重構造が特徴の生地です。
表地は、機械で編まれたメリヤス地、裏地は、パイル(裏毛)かフリース(裏起毛)のどちらかを選択することができます。

パイル(裏毛)はタオルのような生地で、比較的薄くて動きやすく、吸水性に優れているため、運動部におすすめ。フリース(裏起毛)はふんわりとした生地で、比較的厚手で保温性が高いため、寒い時期の着用におすすめです。

ドライ素材

ドライ素材は、ポリエステル100%で吸水速乾性に優れている上、紫外線対策にも効果的で、運動部に限らず、屋外で活動する部活におすすめの生地です。洗濯してもすぐ乾き、また、シワになりにくいなど、扱いやすいのも嬉しいポイント。

生地の厚さは季節や用途に応じて

パーカーの生地の厚さは、「オンス(oz)」という重さの単位で表します。
選んだ生地によって、ある程度選べる厚さが決まってしまっている場合もありますが、基本的には、着用する季節や使用用途に応じて生地の厚さを選びましょう。
最もベーシックなパーカーの厚さは8~9オンス程度です。通年で着用するなら、この厚さを選ぶのが良いのではないでしょうか。
春から夏にのみ着用する場合や、運動時に着用する場合は、7オンス以下のものがおすすめ。ドライ素材には、もっと薄い4オンス程度のものもあります。
逆に、秋から冬に防寒対策として着用する場合には、10オンス以上のものがおすすめです。

初めての部活パーカー作成なら、『トミーズ』におまかせ!

ここまで、オリジナルパーカーを作る際の基本のパーカーの選び方についてご紹介してきましたが、なんとなく、どんなパーカーを選んだら良いか想像ができましたか?
『トミーズ』では、基本のパーカーとして、14種類のジップパーカーと、13種類のプルパーカーを用意しているので、きっとあなたの理想のパーカーが作れるはずです。

選べるパーカーの種類が多いだけでなく、基本のパーカーとプリントの色数、作成枚数が決まれば簡単に1着の単価がわかる「コミコミパック料金」や、サイズ違い・色違い・アイテム違いでも総枚数に応じたお得な料金が適用されるなど、始めてオリジナルグッズを作る方でも、安心してご注文いただけるサービスが充実しています。

ぜひ、初めてのオリジナル部活パーカー作成は『トミーズ』にお任せください!

新着記事

2024 価格改訂のお知らせ

2024年02月07日

日頃はオリジナルTシャツ作成トミーズをご利用いただきありがとうございます。 誠に恐縮ではございますが、当店では Tシャツの作成に関する資材原価の高騰および Tシ

... 続きを読む

ノベルティ・販促品にオススメ「aerosilver」オリジナルマスク【取り扱いを終了しました】

2021年12月28日

※こちらの商品は取り扱いを終了しました。 新型コロナウイルスの流行が始まった頃から、マスクを着用することが当たり前になり今ではマスクは生活必需品と思われます。

... 続きを読む

幼稚園・保育園の卒園記念用オリジナルバッグを選ぶならコレ

2021年12月24日

保育園の卒園記念品でどんな物を贈ろうかな?と悩まれる方も多いと思います。 近頃よく選ばれるアイテムは実用的なものが多く、子どもだけではなく保護者の方にも喜ばれて

... 続きを読む