【6月限定】新規様&リピート様ご注文割引
  • 営業時間:9:00 ~ 17:00
  • 電  話:0725-23-9000
【6月限定】新規様&リピート様ご注文割引

コラム

オリジナルパーカーのロゴ入れで注意したい3つのポイント

2020年02月05日

クラスパーカーや部活パーカーなどの制作では、オリジナルのロゴを入れることがほとんどです。チームの特色を出すためにも、ロゴ入れにこだわりを持ちたいという人も多いでしょう。一方、パーカーにロゴを入れる際には、注意すべきポイントがあります。また、着用後のお手入れによって、パーカーの状態が変化することもあります。

この記事では、これからオリジナルパーカーを作ろうと考えている人に向けて、ロゴ入れにあたっての注意点やお手入れ方法、業者の選び方などを紹介します。

オリジナルパーカーのロゴ入れで注意したい3つのポイント

パーカーのロゴ入れで注意したいポイント

高画質な画像を使う

オリジナルパーカーにプリントできるのは、シンボルマークだけではありません。撮影した写真をロゴとして使用することもできます。その場合は、できるだけ高画質な写真を用意しましょう。高性能のカメラを使って対象物をできるだけ大きく撮影すると高画質な写真になります。また、あらかじめ画像のサイズを大きく設定しておくと、より効果的です。

特に、実際の写真よりも大きくパーカーにプリントしたい場合は画質が非常に重要です。画質が低いと仕上がりが荒くなり、イメージ通りのパーカーにならない可能性もあります。そのため、すでに現像した写真をスキャンしてデジタル化したものは避けたほうが無難です。

著作権に注意する

有名ブランドや企業のロゴなどをパーカーに印刷することは、著作権に抵触する恐れがあります。また、有名なキャラクターなどを印刷することも同様です。著作権の侵害に対する処罰はかなり厳しく、意図せずに使用した場合も処罰の対象となることもあります。

このような状況を防ぐためには、完全オリジナルのロゴで作成することです。ロゴの選定にあたっては、それがどういう経緯で使用されてきたものなのかが重要になります。基本的には、校章など受け継がれてきたものである場合を除き、一から案を出し合って作成するものと考えましょう。

迷ったときは業者のテンプレートの使用も検討する

オリジナルのロゴを作成するのが難しい場合は、業者が用意しているテンプレートを利用するのも一つの方法です。そのまま利用すると、他のグループと同じパーカーになってしまう可能性もありますが、少しデザインを工夫すればチームオリジナルのロゴとして使用できます。

例えば、色や配置を変えたり、パーツを分解して組み合わせたりするだけでも、もともとのテンプレートとはかなり異なる印象になります。また、テンプレートにチーム名などの文字を組み合わせることも可能です。いくつかのパターンを考えて、その中からより多くのメンバーが気に入ったものを選ぶのもよいでしょう。

ロゴ入れしたオリジナルパーカーのお手入れ方法

洗濯ネットに入れて洗濯する

パーカーがジップアップ式の場合は洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。ファスナーが一緒に洗濯する他の衣類や布に絡まり、破損するのを防いでくれます。パーカーは衣類の中でも割と体積が大きいものなので、洗濯ネットも大きめのものを使用すると安心です。

洗濯ネットは、ジップアップ式ではなく頭からかぶるタイプのパーカーであっても、プリントを長持ちさせるのに有効です。できるだけ他の衣類との摩擦を避けて洗濯するとよいでしょう。

裏返しにして洗濯する・日陰に干す

パーカーのプリントは洗濯を繰り返すなかで色落ちすることがあります。プリントの色落ちを防ぐためにも裏返しにして洗濯しましょう。色落ちを完全に防ぐことは難しくても、裏返しせずに洗濯するよりはプリントが長持ちします。

洗濯後は直射日光が当たらない場所に陰干ししましょう。直射日光が当たると、プリントの劣化のみならずパーカー自体が色落ちすることがあります。特に、黒や紺など濃い色のパーカーは注意が必要です。また、乾燥機など高温で乾かすのは避けたほうがよいでしょう。

収納方法に注意する

ロゴ入りパーカーを収納する際には、ロゴに折り目がかぶらないよう丁寧に畳みましょう。丸めたり雑に畳んだりすると、ロゴを入れた部分が折れ曲がり、次に使用するときにヒビや割れが生じることがあります。イメージとしては、アパレルショップで平置きされている衣類の畳み方です。どこにロゴ入れしたかによって理想の畳み方は異なるため、いろいろと試してみるとよいでしょう。

スペースに余裕があれば、ハンガーにかけて収納するのもよいでしょう。適切に収納して、次も気持ちよく着用できる状態をキープしましょう。

パーカー業者を選ぶ際のポイント

イメージの事前確認があるか

まず、プリントに入る前にイメージ図を提出してくれる業者を選びましょう。中にはイメージ図を共有せずにそのままプリントに入る業者もあります。イメージ図の提出後、顧客が了承してからプリントを始めてくれる業者であれば、失敗する確率も下がるので安心です。

デザイン校正のサービスはあるか

業者選定にあたっては、イメージ図を提出された後の修正が可能かどうかも重要です。デザインの修正には追加料金が発生するケースも少なくありませんが、修正無料の業者もあります。できれば、複数回のデザイン修正を無料で行ってくれる業者を選びましょう。

オリジナルパーカー制作なら【トミーズ】

オリジナルパーカーは、ロゴの作成とお手入れ方法のほかに、業者の選び方も非常に重要です。

トミーズでは自社工場を構え、迅速な納品に対応しています。また、完成イメージを共有し、必要があれば2回の修正も可能です。顧客の確認が取れたうえでプリントを開始するので、イメージと違う仕上がりになる心配もありません。

パーカーのロゴ入れは割高になると思われがちですが、トミーズでは枚数に応じて割引率が上がるなど、料金面でも安心です。まずは気軽に見積もりを取ることから始めましょう。

新着記事

2024 価格改訂のお知らせ

2024年02月07日

日頃はオリジナルTシャツ作成トミーズをご利用いただきありがとうございます。 誠に恐縮ではございますが、当店では Tシャツの作成に関する資材原価の高騰および Tシ

... 続きを読む

ノベルティ・販促品にオススメ「aerosilver」オリジナルマスク【取り扱いを終了しました】

2021年12月28日

※こちらの商品は取り扱いを終了しました。 新型コロナウイルスの流行が始まった頃から、マスクを着用することが当たり前になり今ではマスクは生活必需品と思われます。

... 続きを読む

幼稚園・保育園の卒園記念用オリジナルバッグを選ぶならコレ

2021年12月24日

保育園の卒園記念品でどんな物を贈ろうかな?と悩まれる方も多いと思います。 近頃よく選ばれるアイテムは実用的なものが多く、子どもだけではなく保護者の方にも喜ばれて

... 続きを読む