【7月限定】大口注文でステッカープレゼント
  • 営業時間:9:00 ~ 17:00
  • 電  話:0725-23-9000
【7月限定】大口注文でステッカープレゼント

オリジナルTシャツの販売方法を徹底解説!

誰もが簡単にオンラインショップを作れる時代になり、近年オリジナルTシャツを販売する人が増えています。簡単にウェブサイトが作れるようになったことで「念願のアパレルを始めたい」という方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はオリジナルTシャツを販売する方法を解説します。オリジナルTシャツを作って、自分のブランドを持ちたいという方は必見です。

オリジナルTシャツの販売はネット販売が主流

オリジナルTシャツを販売する場合、大きく分けて3つの販売方法があります。主流となっているのはネットを使った販売方法です。

1. 自分のオンラインショップで販売する

まず1つ目がオンラインショップを作って販売する方法です。近年では無料でオンラインショップのサイトを作れるようになりました。そういったシステムを利用すれば、自分だけのサイトが簡単に作れて、そこでTシャツを販売できます。この場合は販売ごとに手数料がかかりますが、サイトの作成自体は無料です。また、少し知識が必要にはなりますが、自分でサイトを作ってそこにオンラインショッピングのシステムを組み込むこともできます。手数料はかかりませんが、ドメイン代やサーバー代などが必要です。

2. ハンドメイドのオンラインサイトで販売する

まずは、手軽にオリジナルTシャツを販売したいという人には、ハンドメイドのオンラインサイトに出品するという方法もあります。この場合は自分でサイトを作る必要はありません。自分専用のページを作り、情報を登録して簡単に出品できます。

3. アパレルショップなどに持ち込む

インターネットが普及する前は、セレクトショップなどアパレルショップに商品を持ち込んで置いてもらうという方法も一般的でしたが、今ではこういった方法で販売する人はあまり多くありません。お店における商品数には限りがありますからハードルは高いですが、店頭で売りたいという人は挑戦してみてもいいでしょう

オリジナルTシャツを販売するまでの流れ

オリジナルTシャツを販売する場合、どういった流れで販売するのかを解説します。

1. 販売方法を決める

前章で解説したなかから、販売方法を選んで決めしょう。主流なのはオン ラインショップを作るか、ハンドメイドのオンラインサイトに出品する方法です。この場合はショップ開設や出品までにネット上での準備が必要になります。

オリジナルTシャツを売って副業しよう!

2. オリジナルTシャツを作る

販売方法を決めるのと並行してオリジナルTシャツを製作しましょう。デザインを作って発注する業者を決めます。1つの業者でも扱っているTシャツの種類はさまざまですから、Tシャツ選びからこだわり、プリント方法なども決めていきます。在庫を抱えることになりますので、予算と相談しながら発注枚数を決めましょう。よりブランドのオリジナル感を出したい場合は、タグを付け替えるなどの工夫をしてみるのもおすすめです。

オリジナルTシャツ作成業者の選び方について

販売向けオススメTシャツ

販売向けオススメ作成サービス

■現物を先に1枚確認できるセーフTオーダー

現物を先に1枚確認できるセーフTオーダー

デザイン確定後にまず1枚(お客様の確認したい枚数)をプリントしてお届けし、実際に商品を手にとって仕上がりを確認していただけるので、販売を行ううえで実物のTシャツが気になる方にピッタリのサービスです。確認後に残りの注文枚数分をプリントするので、販売の際イメージ通りの商品が届くか心配なお客様の不安を解決でき、大量枚数のオーダーも安心してご注文いただけます。

■オリジナルタグの作成から取り付けまで可能

オリジナルタグの作成から取り付けまで可能

販売を行ううえでオリジナルのブランドタグは、ブランドのシンボルとも言える程に大きな役割を果たしてくれます。オリジナルのネームタグはブランド力の向上や商品の一貫性などに貢献してくれます。トミーズでは商品の作成だけでなく、タグの作成から取り付け(付け替え)まで一貫して行うことができるため、複数の場所でそれぞれの加工を依頼する手間もないので、販売までスムーズに行う事ができます。

■確かなプリント技術で豊かなプリント表現

確かなプリント技術で豊かなプリント表現

販売用のオリジナルTシャツを作成・注文する際に、重要なのがプリント方法です。それぞれのプリント方法にしか出来ない表現やデザインがあり、特徴なども1つ1つ異なるのでご希望のデザインに合った方法でのプリント加工をお選びください。販売するうえで実際に作りたいデザインをどのプリント方法で作成したらよいか分からない方は、お気軽にお問合せください。トミーズのスタッフがお客様ご要望のデザインに最も適したプリント方法をご案内させていただきます。

染み込みプリント

染み込みプリント

インクが生地に馴染んで、ビンテージ感のある仕上がりになる染み込みプリントは、古着風の販売用の商品作成にぴったりです。

発泡プリント

発泡プリント

デザイン部分が膨らんで立体感を演出する発泡プリントは販売シーンでもロゴなどに多く使用される人気のプリントです。

ひび割れプリント

ひび割れプリント

ひび割れプリントは1枚1枚の割れ方が異なり、リアルな経年劣化を表現してくれ、古着風の仕上がりで販売にもよく使用されています。

畜光プリント

畜光プリント

プリント面に自然光やライトの光を蓄え、暗い場所でインクが発光する特殊なインクを使用しています。

リフレクタープリント

リフレクタープリント

見た目はグレーに近く、光(フラッシュ等)が当たると反射するプリント方法です。※プリントカラーは生地色により変化します。

パターンプリント(ドット柄)

パターン_ドット柄

濃色ボディに意図的にドットパターンの濃淡が現れるようにプリントする技法で販売向きの加工です。※プリントカラーはホワイトのみの対応となります。

パターンプリント(ストライプ柄)

パターン_ストライプ柄

濃色ボディに意図的にストライプパターンの濃淡が現れるようにプリントする技法で販売向きの加工です。※プリントカラーはホワイトのみの対応となります。

3. 商品を出品する

最初に決めた方法で商品を出品します。持ち込む場合は、実際の商品を持ってお店に足を運んで営業しましょう。出品する際は原価から計算して販売金額を決めます。 高すぎると売れませんし、安すぎ ると利益が出ません。1着あたりにかかった料金に利益をどれくらい乗せるかをしっかり考えましょう。ネットで出品する場合は実際に届いたTシャツをおしゃれに撮影したり、誰かに着てもらって実際の着用感がわかるような写真を撮ったりすると販売につながります。SNSなどを使って商品の宣伝をするのもいいでしょう。

4. 商品を発送する

商品を出品し、売れたら発送します。シンプルな梱包で発送するのもいいですが、ブランド感を出すためにはステッカーを貼ったり、梱包する袋にもこだわってみるといい でしょう。

オリジナルTシャツを無在庫で販売する方法