スピード見積もり
インクジェットプリント
リピート追加注文専用オーダーフォーム
商品カテゴリー
Tシャツ
ポロシャツ
パーカー
パンツ
ブルゾン
ファミリー
その他
ご利用ガイド
ご注文方法
初めての方
リピーターの方
ご利用規約
価格・お支払い
コミコミパック説明
配送・送料
決済方法
デザイン入稿
入稿方法
テンプレート集
パーツ集
フォント集
プリントの種類
色選びアドバイス
著作権に関して
  • 飛行機
  • 全国どこでも!送料無料
  • 学生限定割引サービス
  • 通常7日間のお届け!※お急ぎの場合は即納サービスあり

※ハイスピードサービス(+5,000円)ご利用の場合、3日で出荷、4日でお届けが目安です。

みんなでクラスTシャツをつくろう!高校・大学生はもちろん。すべての学生様へ・学園祭&体育祭・イベント・模擬店・サークル・・・etc
お届けまでカンタンな5STEP
  • 商品を選ぶ
  • お見積り(無料)
  • オーダー(デザイン入稿)
  • イメージ確認後、プリント開始
  • お届け

当店の商品ページの料金表は商品(無地Tシャツ代)・版代・デザイン代・プリント代・消費税・送料・決済手数料の全て込みの価格表示です!

  • オリジナルTシャツ作成のトミーズでは、初めての方も、リピーターの方もコミコミパックの安心価格でお求めいただけます。
トミーズは学生を応援!お得度No.1の学生特典。学生特典1.クラスTシャツ、ポロシャツ、パーカー20枚以上作って1枚無料。学生特典2.トミーズで作成したTシャツ、ポロシャツ、パーカー着用の集合写真を送って、さらにもう一枚!合計2枚無料
  • ヘビーウェイトTシャツ 085-CVT
  • ドライTシャツ 300-ACT
  • ハニカムメッシュTシャツ 118-HMT
  • T/Cポロシャツ(ポケット無)141-NVP
  • フーデッドライトパーカー 216MLH
  • ジップアップライトパーカー 217MLZ

ヘヴィーウェイトTシャツ 085-CVT

5.6oz 190g/㎡ 17/-天竺 綿100%
※杢グレー:綿80% ポリエステル20%
※アッシュ:綿95% ポリエステル5%

ドライTシャツ 300-ACT

4.4oz 150g/㎡ メッシュ
ポリエステル100%

ハニカムメッシュTシャツ 118-HMT

4.6oz 155g/㎡ 交編ハニカムメッシュ
本体:ポリエステル55% 綿45%
リブ:綿95% ポリウレタン5%

T/Cポロシャツ(ポケット無) 141-NVP

5.8oz 195g/㎡ 交編鹿の子
本体:綿65% ポリエステル35%
リブ:綿60% ポリエステル40%

フーデッドライトパーカー 216-MLH

※杢グレー:綿90%
ポリエステル10%

ジップアップライトパーカー 217-MLZ

※杢グレー:綿90%
ポリエステル10%

学生特典 確認事項

・20枚以上をご発注いただき、合計金額より無料の金額を割引させていただきます。

・オーダーシートに下記内容を必ずご明記ください。

■ 学校名・担任の先生の名前(高校生以下) ■ サークル名(大学生の場合) ■ 使用用途

・お送りいただきましたお写真はホームページに掲載させていただきます。予めご了承くださいませ。

・集合写真送付(2枚無料)の場合で、1か月以上経ってもお写真をお送りいただけない場合は、実費ご請求させていただく場合がございます。何卒ご了承くださいませ。

・写真の送り方

■ デジカメの場合はメール添付で、プリントされたものをお持ちの場合は郵送にてお送りくださいませ。お送り頂いたお写真は、弊社のブログにて公開させていただきます。

・学生特典は、まとめ割以外の特典、キャンペーンと同時にご利用頂けません。

お客様の声を紹介します
お客様の声を紹介します1 お客様の声を紹介します2 お客様の声を紹介します3 お客様の声を紹介します4 お客様の声を紹介します5

■2年1組の皆様(大阪府)
制作アイテム:5806:4.0ozTシャツ【deslawear】
カラー:アクアブルー

文化祭で着るためのクラスTシャツを制作していただきました。デザインやカラーがなかなか決まらず、こちらからお願いするのがぎりぎりになってしまって……。ハイスピードサービスを教えていただいてとても助かりました。文化祭の前日に届いたクラスTシャツは、クラス全員の一体感を高めてくれました。お値段もリーズナブルだったので、また来年もよろしくお願いします。

■大学ダンスサークルの皆様(大阪府)
制作アイテム:327-LACT:ライトドライTシャツ【GLIMMER】
カラー:ブラック

初めてダンスの大会に出場するにあたり、お揃いのTシャツが欲しくてお願いしました。途中、デザインやカラーについていくつかの行き違いがあったにも関わらず、スタッフの方が親身に対応してくださったことが嬉しかったです。メンバーこだわりのデザインが細部まで再現されていたので、次の機会があればまたトミーズさんにお願いしたいです。このTシャツを着て、絶対優勝します!

■大学ボランティアサークル代表K様(兵庫県)
制作アイテム:5001:5.6ozハイクオリティーTシャツ 【United Athle】
カラー:ベビーピンク、ライトブルー


ボランティアに出かけた先で、ボランティアスタッフだとわかるようなTシャツをお願いしました。カラーもサイズも違うものをオーダーしましたが、1つのミスもなく届けてくださいました。ボランティア先でも好評で、「お揃いで可愛いね」と褒めていただきます。高校生のころクラスTシャツをトミーズさんにお願いしたことがあり、それを覚えていてくださったのも嬉しかったです。

■3年3組代表O様(奈良県)
制作アイテム:085-CVT:ヘビーウェイトTシャツ【Printstar】
カラー:デイジー

体育祭でクラス対抗リレーがあり、そのときに着るクラスTシャツをオーダーしました。申し込みのときに「早割が使える」ということを教えていただき、もともと安かった料金がさらに安くなったので、これからクラスTシャツを作る後輩たちにも教えてあげたいです。Tシャツのデザインも、デザイン集から可愛いものが選べるので、絵が描けなくてもクラスTシャツを作れました。

■3年1組の皆様(兵庫県)
制作アイテム:083-BBT:ライトウェイトTシャツ【Printstar】
カラー:チョコレート

文化祭でステージパフォーマンスをすることになり、クラスTシャツをお願いしました。色のバリエーションが多くて迷いましたが、茶色にピンクのプリントをすることに。わたしたちは手書きのデザインを持ち込んだのですが、「こうなったらいいな」と思ったものがそのまま出来上がっていました。トミーズさん、ありがとうございます。サプライズで、先生に一着プレゼントしました。

Tシャツ作成の恋バナ

恋と勇気のクラスTシャツ・クラス風景

高校2年生の夏、わたしは突然「文化祭実行委員」に選ばれた。
わたしを推薦したのは、親友のマリ。おせっかいなマリは、わたしが片思いしているツバサくんが実行委員に立候補したのを見て、すぐに手をあげてわたしを推薦した。
文化祭は楽しいけれど、その中心になってみんなをひっぱる自信なんてない。そんなわたしの思いとはうらはらに、あっという間に実行委員はわたしとツバサくんに決まった。
「マリが勝手に推薦するから」
「こんなの今年が最後かもしれないし、いいじゃん」
来年の今頃は、みんな受験のことを考えているだろう。文化祭の実行委員なんて、立候補する人もいなくなる。ツバサくんと一緒に何かできる、最初で最後のチャンスかもしれない!
マリがもっともらしいことを言って笑った。いつも勝手に決めるんだから。そう言いつつ、わたしは心の中でマリに感謝した。

文化祭実行委員としての、初めてのホームルーム。クラスごとの出し物は何をするかという議題で、教室は盛り上がる……はずだった。誰かが出した案が誰かに反対され、代案を出すと別の反対意見が……といういやな流れになり、教室はしんと静まり返ってしまった。黒板に書かれた「喫茶店」や「お化け屋敷」の文字がむなしい。どうにかこの空気を変えたかったわたしは、「あ、あの」と口を開いた。クラス中の視線が集まる。隣にいたツバサくんもわたしを見る。

「クラスTシャツを、作りませんか?」

別の高校に進学した友達が、文化祭でクラスTシャツを作るという話をしていたのは確か。だけど、今言うことでもない。話を切り出すタイミングを間違え、真っ赤になったわたしを復活させたのはツバサくんだった。
「いいな、それ」
静かだった教室から少しずつ声があがり、見ていた先生も予算の話をし始める。わたしが書いた「お化け屋敷」の横に、ツバサくんが「クラスTシャツ」と書いた。
クラスTシャツの提案をしてから、ホームルームは少しずつ盛り上がり始めた。Tシャツを着るならパフォーマンスをするのもいい、クイズ大会をやろう。学園祭に向けて、みんなの気持ちがまとまり始めたのがわかった。カラオケ、縁日、迷路、プラネタリウム。尽きないアイディアの中から、わたしたちのクラスは縁日をすることになった。

恋と勇気のクラスTシャツ・鉛筆ノート

クラスTシャツは、なんとわたしがデザインをすることになった。美術部だから絵は得意だけど、みんなが着るTシャツなんて……。縁日の準備をするみんなを眺めながら、わたしはスケッチブックをにらみつける。
どんなデザインにしよう?出し物は縁日なのだから、和風っぽいデザインがいい。色は?いつの間にか、スケッチブックにはいくつかデザインができあがっていた。横からのぞいたマリが「おおー、すごい!」とおおげさに褒める。いつの間にかツバサくんが横にやってきて、わたしのすぐ近くでスケッチブックを眺めていた。あんまり近くて驚くことも忘れていたけど、顔が真っ赤になるのがわかる。

結局、前面に「one for all」の文字と出席番号、背中には「祭」の文字を入れたはっぴ風のデザインが採用された。ひとりはみんなのために、という言葉は、先生の座右の銘。体育祭ではクラスの旗にも書き入れた言葉だ。
先生が見つけてくれた業者に電話をかけて、値段を聞いてみる。なんとか予算内に収まってくれたので、先生も嬉しそうだ。Tシャツを46枚を作るのに、1枚あたり1,300円くらい(※)で済んでしまうのはどういう仕組みなんだろう。
クラスTシャツは、学園祭の一週間前に届いた。さっそく袋から出して着ている人もいれば、鞄にしまっちゃう人もいる。ツバサくんは、袋から出したクラスTシャツをじっと眺めていた。
「着ないの?」
「なんか、もったいなくて」
照れくさそうに笑うツバサくんの手には、わたしがデザインしたクラスTシャツ。ツバサくんとお揃いのクラスTシャツだ。同じクラスだから当たり前だけど、好きな人とお揃いだ。にやけそうな顔がツバサくんに見えないように、こっそり顔をそらした。「何ニヤニヤしてんの」とツバサくんにからかわれたけど、実行委員になる前は話すこともなかったんだと思うと、ますますにやけてしまう。

恋と勇気のクラスTシャツ・教室

文化祭当日は快晴。クラスTシャツと同じ色をした空の下で、文化祭が始まった。縁日をやっている自分のクラスに顔を出しながら、ツバサくんと巡回。クラスTシャツの左腕に「実行委員」の腕章をつけてはいるけれど、これってなんかデートみたい。
「楽しいなあ」
ツバサくんの微笑みに、わたしはこっくりうなずく。そのあとも、わたしとツバサくんはなんとなく一緒に行動した。縁日の客寄せからステージでの出し物まで、今年の学園祭の景色には全部ツバサくんが映っていた。クラスTシャツを作ってよかった。ツバサくんと文化祭の思い出が、確かな形になって残るから。

文化祭が終わりを告げる。わたしには、どうしてもしておきたいことがあった。すっかり片付けられて、いつもの様子を取り戻した誰もいない教室で、わたしはツバサくんを呼ぶ。
「ねえ、気づいてたかもしれないけど、わたし――」


※085-CVTを前1色+後1色=計2色注文し、学生特典を利用した場合のお値段

恋と勇気のクラスTシャツ。Tシャツ作成の恋バナ