3年前のデータも完全保有!リピート注文専用フォーム
15時までなら当日返信。スピード見積り依頼
お問合せ・カタログはコチラから!
特集
Tシャツお役立ち情報コラム
参考コーディネート特集
お客様作成事例
アイテム一覧
Tシャツ作成
ドライTシャツ
長袖Tシャツ
ポロシャツ
ドライポロシャツ
パーカー
スウェット
パンツ
ブルゾン
つなぎ
エプロン
バッグ
その他
サービス
事前に仕上がり確認。セーフT
納期をお急ぎの方にハイスピードサービス
1枚から作成OK!インクジェットプリント
お買い得な割引
学生の方に・・・学生特典
データが作れる方に・・・データ入稿割引
2回目以降のご注文に・・・リピート割
お急ぎではない方に・・・早得・早割
グループまとめて・・・まとめ割
気になるポイント
コミコミパックって?
決済方法は選べる?
通常納期は?
商品の選び方は?
ご注文方法を教えて

TOMMY'S OFFICIAL BLOG

ブランドロゴを 使ったオリジナルTシャツは 作れるの?

ブランドロゴについて_善積1

こんにちは!Tシャツ作成トミーズです。
ブランドロゴを使ったオリジナルTシャツを作成したいという
お客様からの要望は多いのですが、
作成できるか?できないか?
で言いますと、残念ながら作成ができません。

しかし、実はちょっとした工夫をすれば、作成することも可能なのです!
今回はそんな少しの工夫でブランドロゴが作成できる方法と、
そもそもなぜ作成できないのか?
この2点を中心にお伝えしたいと思います。


1.ブランドロゴだけじゃない!使用できないデザイン


ブランドロゴだけでなく、企業ロゴや、キャラクター、デザイン、イラスト
なども自分が作ったもの以外は第三者が無断で使用できません。
(・ディズニー、サンリオキャラクター、マリメッコのデザインなど)

いわゆる著作権法に違反するからなのです。
【著作権とは】
著作者が、自己の著作物の複製・利用などを独占する権利です。

・では、著作権はいつから発生するのか?
たとえば、あなたが紙にネコのイラストを描いたとします。
イラストが完成した時点で、そのネコのイラストにはあなたの著作権が発生し、
第三者が無断で使用はできないものとなります。。


2.なぜロゴは使用してはだめ?

そもそもなぜ使用してはいけないのでしょうか。
先の説明で著作権法の違反になることはお伝え致しました。
ですが、著作権法の違反になるからだめだ!
と言われても、いまいちピンと来ないのではないでしょうか?

根本的に何がどうなるからだめなのか?

たとえば、さきほど説明したあなたが描いたネコのイラストが
あなたの知らない所で勝手に使用され、
Tシャツやキーホルダー、スマホケースなどたくさんのグッズが勝手に作られ
それがヒット!大人気に!
グッズは大量に売れ、年間1億の売上になりました!
すごいですね、たくさん苦労して頑張ってあなたが描いたかいがあります。
しかし、あなたの元には1円も入ってこないばかりか、そもそもあなたが作り出したものという事すら世間には認知されません。

他人の創作物を第三者が無許可で使用する
ということはこういう事です。
ブランドロゴについて_善積2

※ブランドロゴもフリー素材ではありません。
たくさん苦労して作成し、そのロゴが有名なのは、そのブランドが
長い時間とお金をかけて、たくさんの人の手によって少しずつ有名になっていったからなのです。

◯ちなみに◯
よくある質問なのですが、
販売する訳ではない、個人利用をするだけなので作成したい!
という声もたまにお聞きします。

第三者に販売せず、自分たちだけで使用する、ということなので、
こちらは一見大丈夫そうですが
残念ながら、弊社がお客様からの依頼で作成する際にお金を頂くという時点で
売買が成り立っておりますため、こちらも作成することはできません。


3.それでも作りたい!・・・たとえば

それでもどうしても、ブランドロゴのパロディで
オリジナルTシャツ、クラスTシャツを作りたい!
というときは、ブランド風のデザインで作成することをオススメ致します!

たとえばですが、
ブランドロゴに手を加えてみたり、自分なりのアレンジをたくさんして
元のブランドロゴと見間違うような事はない、
本物と間違うような事がないところまで、アレンジを加えて
オリジナリティを出していただければ、パロディとして作成可能でございます!
どれくらいアレンジしたら良いか分からない!という場合は
ぜひ一度ご相談下さいませ。


4.まとめ

ブランドロゴや芸能人のお写真、キャラクターなど、
プリントしたいけど、大丈夫かな?と思った際には
一度弊社まで、ご相談下さい!

デザインを拝見させていただきました上で
ご対応させていただきます。

【お問い合わせ先】
問い合わせページはコチラから

メールはコチラからoriginal@tmys-t.com
電話はコチラから0725-23-9000

パーカーのジップ上をまたぐ”ワタリプリント”ってなに?

こんにちは!Tシャツ作成トミーズです。
ジップパーカーの胸中央にプリントしたいと思ったことはありませんか?
今回は縫い目やジップの上をまたぐプリント加工、通称『ワタリプリント』についてご紹介します。

jipp_1_2


1.ワタリプリントとは?


衣類にラバープリントを行う場合、必要になってくる条件がいくつかあります。その条件の一つに、プリントをする箇所が平面でなくてはならないという事があります。プリント面に凹凸などがあるとインクの濃い部分、薄い部分、インクのかすれが起こるため安定して均一に仕上がりません。しかし一部のお客様よりご要望を頂き、ジップパーカーのフロントやスウェットパンツのヒップの中心にある縫い目やジップの上からプリントをおこなう場合もございます。このような箇所へのプリントを通称『ワタリプリント』とよんでいます。

『スウェットパンツ』
jipp_2_1
・パンツのヒップに大きくプリント。キッズがお揃いで発表会にこれを履いて踊ったらとっても可愛いですね。

『ジップパーカー』
jipp_2
・ジップパーカーが良いけど大きなプリントを入れたい、そんな欲張りな方にオススメですね。ジップを開閉したときで2つの顔がありとっても格好良いですよ。


2.プリントの仕上がり

・ワタリプリントは凹凸がある中心部分にインクだまりやカスレを生じる為、細かいデザインやキャラクターの顔が中心部にあるデザインにはお勧めできません。細かいデザインは原型が無くなり、キャラクターの場合は、大きく印象が変わってしまいます。またデザインの再現性が乏しく、同じようにプリントを行っても1枚、1枚異なる仕上がになるのも特徴です。その点、線の太いロゴなどは、インクだまり、かすれも味になる為、お勧めです。
jipp_3
●ワタリ①中心部左側にインクのカスレと割れ
 
jipp_4_2
●ワタリ②中心部左側がインクだまり     


3.どんなお客様が注文されるのか

・ワタリプリントは好みが大きく分かれるプリント方法ですが、では、どんな場面で使われているのでしょうか?弊社ではワタリプリントのご指定頂くのはロックなどの音楽関係の方や、ダンススクールのユニフォーム、アパレル物販などトレンドに敏感なお客様からご依頼頂くことが多いです。ジップ開閉の機能性とともに、インパクトのある大きなロゴを主張したいカレッジ系のプリントとは特に相性が良いと思います。

jipp_5


4.まとめ

今回は、プリント上級者向けの加工技法である『ワタリプリント』についてご紹介いたしました。上記のようなインクだまりやカスレなどの荒っぽい風合いや仕上がりを楽しんでみたい方、ちょっと人とは違うものがお好みの方は一度ご相談下さい。※ワタリプリントはお客様から仕上がりの不均一な要素をご承諾いただけなければ行う事は出来ません。何卒ご理解・了承下さい。問い合わせはコチラから

オリジナルTシャツ作成トミーズの新入社員がオリジナルTシャツ完成までの1日を追う!

こんにちは!オリジナルTシャツ作成トミーズ入社1週間の22歳プリント見習いです。今日はオリジナルTシャツ完成までの流れを1日追いかけてみました


1.手書きデザインを考えました

オリジナルTシャツを作るためにまずデザインを考えました。手書きでも可能ですが、今回は携帯の写真画像をデザインすることにしました。そこでトミーズスタッフのデザイナーにデザインデータ(写真)を送りトレース(デザインのデータ化)してもらいました。これを紙に印刷します。

nishi1_1
※注意メモ
著作権のため、他のブランドのデザインやそれに似ているデザインはNG。細かいデザインになるとデザインがつぶれやすくなる


2.版をつくります


まずは紗張りをしていきます。その後、乳剤を塗ります(紫外線で固まる特殊な緑色の液)

版が乾いたらデザインを版に紫外線で焼いていきます。焼き方はさきほど作ったデザインの紙に乳剤を塗った版につけデザインの部分だけ、光が通らなくなっているので、紫外線の光で約10分間焼いていきます。周りが青くなりデザインだけ光が当たっていないので緑色のままです。
次に緑色のデザイン部分だけ洗い流します。

その後完全に固めるためにもう一度約10分間紫外線にあてると版の完成です。

nishi1_2

※注意メモ
乳剤が完全に固まっていない状態で流すので、他の部分に一緒に流されてデザインが欠けてしまったり穴があいてしまうことがあります。そのためしっかりと確認が必要です。穴があれば乳剤を塗って防ぎます。また細かいデザインですと逆に流されていない場合もあるので、こちらも注意が必要です。


3.いよいよプリントです

さっそくできた版でTシャツにプリントをしていきます。今日は白色のTシャツに黒色のインクで2回刷りでプリントしていきます。乾かしてもう一度刷ります。

nishi1_3
※注意メモ
生地色が濃色のカラーTシャツにプリントする場合はインクの色が生地にのりずらいため、2回、または3回刷りで対応する。そのとき版がずれてしまうと、2重、3重になってしまうので注意。また薄色の生地色(ホワイトなど)のTシャツにプリントする場合は1回刷りでもいけますが2回刷りに比べ、インクのかすれが多くなってしまう可能性があるのでこちらも注意が必要


4. まとめ・感想

nishi1_4jpg
Tシャツが完成しました!
今日、オリジナルTシャツ作成を最初から完成まで初めて追ってみましたが、1つ1つすごく細かい作業が多くとても気の使う作業が多かったです。今の時代、自宅で安く作るキットなどがありますが、しっかりとしたオリジナルTシャツを作りたいのであれば本格的に作っているお店に頼んだ方が仕上がりが全然違い、綺麗に仕上がるのでオススメですね。Tシャツのオーダーはコチラから

重さ?厚さ?Tシャツのオンスって何のこと?

みなさん、オリジナルTシャツ作成しようと商品を選ぶ時、Tシャツの詳細で「オンス」または「oz」という表記をよく見かけませんか。
その「オンス」という単位。漠然と「厚みかな?」と推測されているお客様も多いと思いますがでは実際に「オンス」とは何を表す単位でしょうか


1.オンスは「重さ」の単位


日本でも、お店でステーキを注文する時に使用する馴染みのある単位「オンス」。アメリカやイギリスでは重さの単位としてよく使用されます。1オンス(常用オンス)は16分の1ポンド、つまり「16オンス = 1ポンド」になります。グラムで換算すると28.349523125gになります。 英語の綴りは「ounce」で、単位は12ozのように「oz」と表記されます。


2.Tシャツにおける「オンス」の意味


Tシャツにおいてもオンス(oz)という単位は、生地の1平方ヤードあたりの重さを表す単位なのです。つまり厚みではなく、生地の重量についての単位ですが
一般的に厚みを表現する場合に、このoz(オンス)を使い重さで表現しています。当然「重い=厚手」「軽い=薄手」という事になります。そしてこのオンスが、オリジナルTシャツ作成における重要な部分と言えます。


3.衣類におけるオンスの目安

■3~4オンス

薄手生地、価格もリーズナブルなものが多いが、品質に問題はないレベル。価格を抑えたい方にピッタリ
↓3~4オンスでオススメTシャツ
083
もっとも軽量でもっともローコストのTシャツ。薄手の天竺生地ならではのソフトなタッチ感が人気です。詳細はコチラ

■5~7オンス

Tシャツの生地としては厚手で、しっかりした レギュラータイプ。 洗濯にも強く、品質は◎。
085_
数あるTシャツの中で糸・縫い方・厚さを比較しても、透けない丈夫な納得の一枚。耐久性に関しても自信があり、メーカーの報告でも20回の洗濯くらいでは色落ちもほぼ見られませんのでオススメです。5.6ozで品質とともにタフネスに優れたベーシックなデザインで、あらゆるシーンで着用いただけます。詳細はコチラ

■8~13オンス

スウェット(トレーナーやパーカー等)の生地として適しています。大変しっかりした生地です。
216
表面は綿100%を使用し、毛玉をできにくくしました。 裏起毛タイプで肌触り良く、暖かさもバッチリ。カラーも使いやすい11色を展開しています。 寒がりさんにはぴったりのジップアップパーカーです。詳細はコチラ


>4.まとめ

Tシャツに限らず、オリジナルで商品を作成する場合、生地の厚さも考慮して商品を選びます。その際に目安となる単位が、「オンス」なのです。本来オンスは重量についての単位ですが、生地選びの場合には「厚み」を表す単位と言い換えても過言ではありません。

トミーズでは、あらゆる厚みの商品を取り揃えておりますので、シーンや好み合わせた商品をお選びいただけます。ぜひお気軽にオリジナル商品の作成にチャレンジしてみて下さい!!オリジナルTシャツ作成はトミーズへ

5分で分かる!写真プリントのオリジナルTシャツを作る方法

写真入りのオリジナルTシャツが色んなシーンで作るケースが増えているのをご存知ですか?誕生日に主役の写真プリントTシャツのサプライズプレゼントや結婚式の2次会メンバー全員で新郎新婦の写真プリント、の定番系はもちろん、赤ちゃんの誕生記念写真を使ったTシャツやカップルの記念日に2ショットの写真プリントTシャツ会社の忘年会に上司の顔をプリントしたものまで多種多様なシーンで記念品として作られています。

<目次>
1. Tシャツに写真プリントの作り方
 1-1どうやってつくるの?
 1-2価格
 1-3納期

2. 写真プリントつくる際に気を付けること
 2-1 解像度について
 2-2 著作権について
 2-3ドライTシャツは難しい

3. 安く作るマル秘テクニック

4. まとめ


1. Tシャツに写真プリントの作り方

1-1 どうやってつくるの?

作り方についてはいくつか方法があります。自作でプリント、直接店頭で依頼などその中でオススメは、手軽にプリントTシャツが作りやすく値段もお手頃なオリジナルTシャツ作成のウェブのお店に依頼することです。また写真をそのままプリントするのであれば、基本的にはインクジェットプリント方式がコストも抑えられ、プリント方法としては最適です。

ではWEBで発注する際にどのような手続きが必要でしょうか。プリント位置やプリントサイズ、枚数、Tシャツのお色、納期など確認する点はいくつもありますが基本的には「写真を入稿するだけ」ですまずは写真をご入稿いただくことで、写真プリントオリジナルTシャツの80%は出来上がったも同然です。

1-2 価格

価格についてはお店によって様々です。基本的には写真プリントであれば1枚からプリントするお店が多く、全面に写真をプリントするのであれば¥3000が相場でしょうか。あまりにお安い価格のお店に関してはクオリティに十分にご注意ください。

またここでご注意いただきたいのが、白色のTシャツとカラー系のTシャツの作成の場合についてです。カラー系のTシャツになると価格が大幅に違って高いお店が多いのでそのあたりもご注意ください。

1-3 納期

納期についてもお店によって様々ですが、5枚以内なら早いところで1週間以内。5枚以上ならおおよそ1週間~2週間くらいをイメージしていただければまず問題ないかと思います。詳しくはお店にお尋ねください。


2.注意すること

2-1 解像度について

写真プリントで大事なのが写真のデータの解像度になります。聞きなれない方も多いと思いますが画像サイズは解像度350dpi以上でしたら綺麗に印刷できます。解像度が分からない場合はこちらでお調べすること可能ですのでお問い合わせください。

2-2 著作権について

また写真を選ぶうえで気を付けていただきたいのが芸能人や有名人の写真または画像をプリント依頼頂く方がいるのですが基本的に芸能人の写真などは肖像権の侵害にあたるためこちらで勝手にプリントすることはできません。※本人」および事務所の承諾が取れていればまったく問題ありません。ご注意ください。

2-3 ドライTシャツは難しい

Tシャツの素材ですが、写真プリントの場合、基本的にはドライTシャツへのプリントは難しくなります。インクジェットプリント方式であればプリント後に圧着のため高温でプレスをかけるためドライTシャツには不向きのため、基本的にはプリントできません。


3.安く作るマル秘テクニック

3-1テクニックその1

写真をプリントした場合の価格ですが、大量の枚数をプリント依頼した場合1枚当たりの見積もり金額は割引率もそこまで大きくなりません。そこで大量枚数作成して1枚当たりの単価を下げたい方にオススメなのが、編み目ハーフトーンパターンでのモノクロ写真プリントにすると、かなり安く作れる上にアレンジが効いていて安っぽく見えません。ご参考くださいませ。


4.まとめ

いかがでしたでしょうか。初めて作成したいと考えていた方には割と、カンタンに写真プリントTシャツが作成できるように思えたのではないでしょうか。
作成の際にはデザイン作成からTシャツの完成まで一貫した工場体制で高いクオリティを保証。写真プリントTシャツ作成トミーズにお任せください。

開店準備は万全ですか?ユニフォーム・エプロンならトミーズ

開店準備は万全ですか?ユニフォーム・エプロンならトミーズ
お店の物件も確保し、内装工事も終わって、届け出も済ませて…なにか忘れていませんか?
働く人たちのユニフォームも大切なお店のコンセプトのひとつ。

何かとお金が必要な時期ですが、ユニフォーム・制服はお客様からの印象を決める大切な要素。
トミーズでは個人のお客様のグッズプリントだけでなく、お店や法人の開店・開業準備のオリジナルプリントによる
制服・ユニフォームつくりのお手伝いもしています。

今回は新たな門出に準備しておくべきプリントグッズをご紹介いたします。
ユニフォームはお店の“顔”
あなたのお店はどんな雰囲気でしょうか?
和風?洋風?それともエスニック?
カジュアルな雰囲気のお店なら、動きやすいオリジナルTシャツオリジナルポロシャツがおすすめ。
お店のロゴやシンボルマーク、お客様に向けたメッセージを背中にプリントしても素敵です。

ユニフォームは洗い替えや予備も含めて多めに用意しておきましょう。
清潔なユニフォームをおそろいで着用すれば、好感度も上がりますね。
従業員の採用が決まったら忘れずにサイズや枚数を集計し、予備も含めて注文しておきましょう。

キャップやエプロンなど、小物も忘れないで
この他にも、キャップやエプロンなどの小物も取り揃えております。
開店準備はなにかと忙しいですが、一度開店後を想像してみましょう。
きっとなにが必要か見えてくるはず。

販促としてお店のオリジナルトートバッグなども人気です。
ロゴを見てお店のファンだと「分かる人にだけ分かる」感が良いみたいですね。

相談できるプリントショップで
なるべく安くすませるにはインターネットでの発注が一番。
でも、顔の見えないやりとりではなにかと不安がつきまといます。

第一歩を踏み出す大切なユニフォーム。
Tシャツ作成トミーズなら制作前の見積もり~納品までを専属オペレーターがお手伝いいたします。
お電話でもメールでもわからないことや不安なこと、なんでもご相談ください。
Tシャツ作成のトミーズはコチラから

出産祝いにはオリジナルのロンパースを

ロンパース画像
新しい生命の誕生は素晴らしいものですね。
おめでとうの気持ちをこめて、生まれて初めての贈り物は特別なものを贈りたい。

いろんなものがあって悩みますが、出産祝いにはオリジナルプリントロンパースがオススメです!
他にはない、あなただけのオリジナルロンパースや子供服はいかがですか?
汚れていくものだから、二人目のときもうれしい
ママがもらってうれしかった出産祝いでは「おむつ」や「商品券」とならんで「子供服」があげられています。

かわいい上に実用性もある子供服はいくらあっても助かるもの。
オンリーワンのオリジナル子供服ならなおさらですね。
赤ちゃんは成長が早いですから、少し大きめのものを選んでおくのが良いようです。

また、お古になりがちな二人目のお子さんのときも子供服のプレゼントは喜ばれます。
トミーズならロンパースから子供用Tシャツまで、小枚数(5枚~)での作成も可能です。

イニシャルをさりげなくデザインするのがオシャレ
お名前がひらがなや漢字で目立つ位置にあると、少し敬遠してしまう方が多いそうです。
さりげなくイニシャルをデザインしたり、目立たない位置にオリジナルのマークがあると、外でも着られてママも嬉しいですね。
また、サイズアウトや着古したあとはリメイクしてインテリアや小物にして思い出を長く残すという方も増えてきました。
デザインを考えるのが苦手でも、一度相談してみてください
「ロンパースを贈ってみたいけど、絵を描くのは苦手…」という方も、トミーズなら大丈夫。
たくさんのテンプレートはもちろん、専属オペレーターがデザインを一緒になって作成します
ラフをお送りいただければオペレーターがキレイにデザインデータに修正。
または「大きなハートマークの中に配置したイニシャルのTを中心に、両親が音楽好きなので音符をちりばめたかわいいデザインで」という感じの指示でもOKです。

オリジナルウェア・Tシャツ等のデザイン費用はコミコミパックに含まれていますので、別途料金をいただくことはありません。
(※デザイン作成後のキャンセルは別途デザイン料をいただくことがございます)

https://www.tmys-t.com/category/item/t_shirt/

社員の制服・スタッフユニフォームの作成準備はOKですか?

staff

個人や団体問わず手軽に頼めるオリジナルTシャツですが
クラブ活動やサークル活動、仕事用、イベント用のスタッフ制服として作成される方も多い昨今
今回はユニフォームとしてのオリジナルウェア作成に関する手引きをご説明したいと思います。

定番はポロシャツ

やはりスタッフ制服といえば、様々なビジネスシーンにあわせられる便利なポロシャツ。

いろんなカラーのポロシャツがありますが、トミーズではホワイトやネイビーをお選びになるお客様が多いですね。
プリント方法ではお手頃な「シルクスクリーンプリント」が主流ですが「刺繍加工」も高級感があり人気です。
また、フルカラーの会社ロゴを忠実に再現できる「デジタル転写プリント」もユニフォームにピッタリです。

動きやすさ重視ならTシャツ

カジュアルなオフィスでは、動きやすく楽に過ごせるTシャツユニフォームも人気です。
黒のTシャツにワンポイントで控えめに会社をアピールしたり、左胸や背中の襟下にワンポイントや、
変わったところでは裾にプリントしたユニフォームも。
インナーに長袖Tシャツを着れば、通年を通して着用できますね。

今さらユニフォームなんて…と思わないで
制服は重要な「歩く営業ツール」。
社名が入ったツールを持っていると、周囲の人からも信頼されやすくなります。
オフィス内でも一目見て関係者だとわかるユニフォームはセキュリティの面でも非常に重要なアイテム。

他にも社員が仕事用の服をわざわざ買わなくてもよくなったり、私物である洋服を汚さなくてすんだりと、
福利厚生の面でもメリットがたくさんあります。
「うちの会社はもともとユニフォームなんてないし、今さら作るのもなぁ」と思わないで、
ツールとしての「ユニフォーム」、一度考えてみてもよいのではないでしょうか。

寒い時期でもへっちゃらなブルゾンやパーカーなども各種取り揃えておりますので、
法人様も一度トミーズにご相談くださいませ。

社員の制服・スタッフユニフォーム作成ならトミーズにご相談くださいコチラから

オリジナルパーカーを作るときに知っておきたい基礎知識

パーカーの作り方

文化祭やサークル用、学生さんから社会人・地域サークルまで幅広くご注文をいただくオリジナルパーカー。
男女問わずお子さんから年配の方までオシャレに着られるアイテムです。

既製品なら誰でも持っているポピュラーなアイテムですが、知っているようで知らないことも多いのでは?
今回はそんなパーカーを作る際に知っておきたい基本的なことをご紹介したいと思います。

プルオーバー?ジップパーカー?

■プルオーバー
ジップがなく、頭からかぶって着るタイプのパーカーです。
胸のプリント範囲が広いのでイラストやチーム名などを胸に大きくプリントしたいならこちら。

■フルジップ
胸のジップを開閉して着るタイプのパーカー。
着脱が楽で着こなしのバリエーションも広いのがフルジップパーカ―の特徴です。
ただしジップがあるため胸のプリント範囲は狭いので、大きなプリントがしたい場合は背中にプリントするのが良いでしょう。

裏毛?裏起毛?パイル生地?

パーカーにはTシャツと同じように厚さを表す数字「オンス」が表示されています。
これは数が大きくなるほど厚くなる数字です。

では、オンス数が高いほど暖かいのでしょうか?

実はそうとも限りません。
パーカーは素材も重要な要素のひとつ。
素材と裏地によって用途も違うので注意しましょう。

■裏毛(パイル地)
裏地がタオルのような素材になっており、さらさらとした手触り。
春~秋にかけて

■裏起毛
パイル地をひっかき、毛羽立たせた生地。ふわっと暖かい、毛布のような裏地です。
同じオンス数でもパイル地のものより暖かく、冬場に活躍します。

■ドライ素材
ポリエステル素材で吸水速乾に優れ、通気性も良いので夏の日よけやスポーツ時にも着られるパーカーです。

1枚から作りたい?たくさん作りたい?

■デザインは同じでお得にたくさん作りたい
サークルやクラスみんなで同じデザインのものを着るならシルクスクリーンプリントがおすすめ。
たくさんプリントすればするほど1枚あたりの単価が下がりお得です。

■デザインは共通でそれぞれの名前だけ変えたい
共通部分はシルクスクリーンで、それぞれの名前の部分は「カッティングプリント」という方法で可能です。
1枚あたり別途カッティング料金がかかりますのでご相談ください。

■1枚だけ作りたい
インクジェットでのプリントがおすすめ。
フルカラーでプリントができる反面、商品自体のカラーによって値段が変わったりポリエステル素材にはプリントできなかったりしますので注意が必要です。
まずはお見積もりからはじめましょう。

08eeac4a7d77e3a85fa553890b5c17bc_m

オリジナルのパーカー作成ならトミーズにご相談くださいコチラから

Tシャツプリントのシルクスクリーンとインクジェットの違いって?

silk

オリジナルプリントTシャツを作るときに、聞きなれない言葉やわからない情報はたくさんありますよね。
とくにプリント技法でよく見かける「シルクスクリーンプリント」と「インクジェットプリント」という単語。
プリント業界に携わる方なら当たり前に知っているこの技法の違いも
初めての方はもちろんプリント経験のある方でもどのような違いがあるのかわからない方も多いでしょう。
オリジナルプリントを依頼するにあたってシーンや用途によって其々に向き・不向きのある特性があり、
場合によっては損するケースもあるので、ぜひこの記事を参考頂けたら幸いです。

シルクスクリーンプリントってどんなもの?
昔からある一般的なTシャツのプリント方法がこの「シルクスクリーンプリント」。
版画技法のひとつでメッシュ状の布に、インクの通る部分を作り、それを刷ることで仕上がる印刷方法です。
色数により版作成の必要があるため、色数に限りはありますが、なんといってもメリットはその発色の良さとコストの低さ。

版を作成するため1~3枚といった小枚数では割高になってしまいますが、
イベントやユニフォーム、制服など大量枚数の場合割安になってかなりお得に作れます。
耐久性も高く、適切に扱えばかなり長持ちするので記念品やプレゼントにも喜ばれます。

シルクスクリーンプリントでのオリジナルTシャツを選ぶならコチラから

一方、インクジェットプリントは…
インクジェットプリントでは、マシンから生地に直接インクを吹きつけてプリントする方法ですのでフルカラーの表現が可能。
シルクスクリーンプリントでは再現が難しいグラデーションができるのです。
シルクスクリーンのように版を作成しないため、色数によって値段が変わらないので
1枚からでも低コストで作れる画期的なプリント方法がコレ。
ただその分、シルクスクリーンに比べ、プリントに時間がかかるため、
大量枚数作成しても1枚当たりのコストはあまり変わらないため価格もあまり下がらない点や
また、生地の色が濃い場合は白引きという工程が必要になったり、ドライの生地にはプリント不可であったりというデメリットもあります。
当店のインクジェットページはコチラになります。

インクジェットプリントTシャツのオーダーについてはコチラから

結局、どっちでプリントするのが一番良いの?
簡単に言うと
「大量枚数・単色ならシルクスクリーン」
「小枚数・色数多めならインクジェットプリント」
ということ。
そのためプリントにあたりプリント方法は必ずご確認ください。
例えば・・・1色プリントの大量枚数にもかかわらず不向きなインクジェットプリントでプリントを行うため、余分なコストにより割に合わない価格が提示されているケースなどが考えられるので、どちらかのプリント方法しか載せていないお店に発注するお店で発注する際はご注意ください。

ただデザインや商品カラーなど複雑な要素がからんできますので、どちらかを判断するのは慣れないうちは難しいでしょう。
さらに他にも「デジタル転写プリント」「刺繍加工」「カッティングプリント」といったプリント方法もございます。
トミーズではお客様のデザインを拝見してから一番キレイに、ご希望通りの仕上がりになるようなプリント方法をご提案しています。

ご予算・ご希望を添えてぜひトミーズへお電話ください。

123

更新カレンダー

2018年12月
« 10月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

…記事投稿日