スピード見積もり
2週間限定!早得早割キャンペーン
春夏新作アイテム2017
夏のドライアイテム大特集
商品カテゴリー
Tシャツ
ポロシャツ
パーカー
パンツ
ブルゾン
ファミリー
その他
ご利用ガイド
ご注文方法
初めての方
リピーターの方
ご利用規約
価格・お支払い
コミコミパック説明
配送・送料
決済方法
デザイン入稿
入稿方法
テンプレート集
パーツ集
フォント集
プリントの種類
色選びアドバイス
著作権に関して
リピートの方専用フォーム
お急ぎの方にスピード見積り

TOMMY'S OFFICIAL BLOG

当店のシルクスクリーンプリント工場の様子をご覧ください

いつもTシャツ作成トミーズをご愛顧いただきましてありがとうございます。
本日は当店のシルクスクリーンプリント工場の様子を一部ご覧いただきたいと思います。

ウエアプリントを行うにあたり製法、特色は各社、お店によって様々です。
その中で弊社が工場でメインに行っているのがアナログでシンプルな印刷方法の
シルクスクリーン印刷です。
↓が弊社の工場になります。Tシャツがセットされ
今か今かとプリントされるのを待っている状態です。
DSC_0649

シルクスクリーンプリントとは
プリントするためにイラストや文字のデザインを抜き型した「版」にインクを刷るプリント方法で
初めて工場を見学された方はわりとビックリされるのですが、1枚1枚職人が手作業で刷っています。
アンディ・ウォーホルに代表されるポップアートとしての結びつきも強いシルクスクリーン製法ですが
喋りながら刷れないほどの集中が必要とされ、1枚、1枚に思いを込めて刷るその姿は
どこかご祈祷にも似た神聖な儀式に映るのも、「思いを込める」点において何となく合点のいく話です。
pic3

当然、お客さまにお届けする商品に関しては万事、不良などないよう細心の注意を払いながらプリントするわけですが
一方で「版ずれ」や「かすれ」を起こしたTシャツも究極の「一点もの」ともいえるチャームさが
このシルクスクリーン印刷の魅力ともいえ
「大量生産」製法でありながら、どれもが手作業での「一点物」である相反する価値観が共存しているように感じます。

5月を迎え、いよいよTシャツの季節がやってきて工場の稼働はピークを迎えます。
トミーズではこれからもお客様から届く理想の想いを、形に仕上げた商品をお届けできるよう努めてまいります。

更新カレンダー

2017年5月
« 4月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

…記事投稿日