3年前のデータも完全保有!リピート注文専用フォーム
15時までなら当日返信。スピード見積り依頼
お問合せ・カタログはコチラから!
特集
Tシャツお役立ち情報コラム
参考コーディネート特集
お客様作成事例
アイテム一覧
Tシャツ作成
ドライTシャツ
長袖Tシャツ
ポロシャツ
ドライポロシャツ
パーカー
スウェット
パンツ
ブルゾン
つなぎ
エプロン
バッグ
その他
サービス
事前に仕上がり確認。セーフT
納期をお急ぎの方にハイスピードサービス
1枚から作成OK!インクジェットプリント
お買い得な割引
学生の方に・・・学生特典
データが作れる方に・・・データ入稿割引
2回目以降のご注文に・・・リピート割
お急ぎではない方に・・・早得・早割
グループまとめて・・・まとめ割
気になるポイント
コミコミパックって?
決済方法は選べる?
通常納期は?
商品の選び方は?
ご注文方法を教えて

TOMMY'S OFFICIAL BLOG

プレイベントの様子をロイヤルブルーレンジャー目線でお伝え致します。

「ピーピピピー」「ピーピピピー」
朝5時30分、スマートフォンの目覚ましが鳴る。

いつもより早い朝にタイマーをセットしていた。

(そうだ、今日は活動の日だ…)

眠たい目を擦りながらシャワーを浴び、さっと髪を乾かし、青いTシャツを着る。
さすがにこの1枚では寒いだろうと思い、その上から上着を着る。

時計を見ると6時ちょうど。そろそろ出発の時間だ。
僕はいつものリュックサックを背負った。

すると、物音が聞こえる。
パジャマ姿の妻が起きてきた。

「ロイヤルブルーレンジャー頑張ってね。」

(そうだ、僕はロイヤルブルーレンジャー。隊員のうち、唯一”ロイヤル”が付くヒーローだ。)

そう思い返して、妻に見送られながら家を出た。

いつもより空気が澄んでいる。
いつもより電車が空いている。

少し特別な気がするのはそれだけではない。

僕のこの上着の下にはいつもと違う青いTシャツが、今か今かと戦闘態勢に入っている。

何駅か電車を乗り継ぎ、難波駅についた。

普段は夜に賑わいを見せるこの街も、嵐が通り抜けたような静けさを醸し出している。

すると遠くに赤いTシャツを着た男を発見した。
その男の背中には「Tシャツ戦隊プリントレンジャー」と大きくプリントされている。

そうだ。我々Tシャツ戦隊プリントレンジャーのリーダー。レッドだ!
(恐らく一番のりにこの地に着いたのであろう。)

レッドと合流して、決戦の地「戎橋」に近づいた!

「あぁなんて事だ!」

平日朝の戎橋の上はゴミで散乱していた、、、

ポテトの入れ物、タバコの吸い殻、空き缶や空き瓶などがいたる所に落ちている。
(これが現実なのか…)

普段は人が多いため、足下に目がいく事がなかったせいか、
この橋の上がこんなに汚れているなんて、正直驚きだった。

そこにグリーン、イエロー、ピンク色のTシャツを着た3人が現れた。
遠い所からみんな頑張って来てくれた。嬉しかった。

そして11月6日ヒーローの日として僕らの企画するプレイベントが始まった!

【クリーンランin道頓堀】

右手には軍手をつけ、左手にはゴミ袋を持つ。

はじめての場所でのゴミ拾い。
はじめての仲間でゴミ拾い。

何か新鮮だった…

ただただ通り過ぎてゆく人もいれば、僕らのこの格好を見て反応している人もいる。

そんな中すぐに時間はたち、あっという間にゴミが無くなった。
これも1人ではこんなに簡単にゴミ拾いはできなかったであろう。

これぞ仲間の力。
これぞTシャツ戦隊プリントレンジャーの力である。

そういえば、最近特撮モノの雑誌を読んだのだが、
特撮モノの初めてのヒーローは「ゴレンジャー」だったそうだ。

それまでヒーローは1人しかいなかったらしいが、それをゴレンジャーは変えた。

ヒーロー5人で1人の敵を倒すことに批判的な意見も多かったらしいが、
1人では敵わない相手でも5人で協力すれば倒せるといったコンセプトが受け入れられたらしい。

それを体感した場面だった。

大阪の名所でもある戎橋。
グリコ前でポーズを取って写真を撮った。

Tシャツ作成トミーズから生まれたヒーローの5人はこれで団結した。

もう1つのヒーローの日である1月16日(土)は50人・50色のヒーローによるクリーンランだ。

5人では敵わない相手でも50人いれば倒せるかもしれない。